37℃ NEWS

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」の三大果実のひとつ、アムラ。インド・ネパール・台湾・中国雲南省の海抜1500m以上の山の斜面に生える木で、梅の実に似たその果実はビタミンとポリフェノール、ペクチン(食物繊維)を驚くほど豊富に含み、「若返りの果実」と呼ばれています。古のインドの人々はその自然の恵みに気がつき、実だけでなく種や葉、木の幹や根まですべてを「薬」にしてきました。現在もジャムやピクルスなどにも日常的に重用されています。